×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SAP

梅原"Paul"達也
1961年2月6日、沖縄生まれ。ヴォーカリスト。
作曲、アレンジ、プロデュースも手がける。
現在は、自らのグループ「Paul-Position」での活動をメインとして
主に東京都内でライブ活動を行う。

梅原"Paul"達也さんのオフィシャルサイト: http://www.wix.com/paulposition/paulposition/
44MAGNUMのオフィシャルサイト: http://www.44magnum2001.com/
※上記リンクは外部のサイトへジャンプします。


現在までの活動

1977年

ハードロックバンド「マグナム44」を大阪で結成。
数度のメンバーチェンジを経てバンド名を「44MAGNUM(フォーティーフォーマグナム)」に改め、積極的にライブをこなしつつ東京へ進出。

1983年

アルバム「DANGER」でメジャーデビュー、国内外でライブとレコーディングを重ねる。
スタジオレコーディングによるアルバム6枚、数々のシングルとプロモーションビデオ、ライブアルバム等をリリース。

1989年

「44MAGNUM」解散。
ファンクバンド「RHINOCEROS(ライナセロス)」に参加。

1990年

アルバム「SAVE THE RHINO」とシングル、プロモーションビデオをリリース。

1991年

アルバム「FUNK ON THE RAILROAD」をリリースした後、脱退。

ライブセッション、スタジオワーク、楽曲提供、プロデュース活動等のかたわら、ヴォイストレーナーとして後進を育成。

大阪でのアマチュア時代を知るMATSU(TABLET)、セッションワークを通じて知り合ったHIROKAZ(TABLET)らとの交流が活発となり、MDMP(MAD DOG MASTER PAUL)名義でのクラブイベント出演や、ヒップホップのバックトラック制作へと活動範囲を広げる。

2000年

「44MAGNUM」再結成。それに伴いアルバム制作開始。

2002年

44MAGNUMのアルバム「IGNITION」をリリース。

2003年

ヒップホップとR&B中心のレーベル「PAUL-POSITION」を立ち上げ、ミニアルバム「Paul Position」をリリース。TABLETのMATSUとHIDEも「DE DERRIERE」として参加。

2004年

筋強剛や歩行障害などのパーキンソン症状が顕著となり、レーベル「PAUL-POSITION」活動休止。

2005年

進行性の神経難病である「若年性パーキンソン病」との診断を受ける。

2006年

4月
「TABLET」が出演するライブへのゲスト参加を皮切りに、音楽活動を再開。

10月
大阪にあるライブハウスBahamaでのイベント参加に際し、初めてステージ上で病名を告白。

12月
自身のウェブサイト「paul-position.com」を立ち上げ、そのサイト上で病名を公表。

2007年

4月
自ら音を楽しむためのバンド「Paul-Position」を始動させる。当初はギタリスト西尾智浩(泥沼楽団、GAPPA)と、自らの長男でヴォーカリストのStevie、ベースとドラムはサポートメンバーという構成。
同時期にウェブサイト上で復活宣言した「44MAGNUM」にも参加を表明。

5月
オーディションにより「Paul-Position」の正式メンバーとしてベーシストAZUSAとドラマーA-Yaを迎え、自らが強くリスペクトするロック、ソウル、ファンク、R&Bの要素を凝縮したライブを展開。

9月
更にバンドの音楽表現の幅を広げるべく、オーディションにより「Paul-Position」の正式メンバーとしてキーボーディストMAMIを迎える。